FC2ブログ
2007-11-28

一番はじめは… 後編

惣五郎の現在伝わる童歌の一つを父に見せた。以前取り上げた「地蔵寺縁起書」で紹介した「御玉転がし」を用いてこの歌を調べてみたら、何とオリジナルの姿が現れたこんな歌詞だ。

一番初めは一の宮
二は日光の東照宮(とうしょうぐう)
三は佐倉の宗五郎(そうごろう)
四はまた信濃の善光寺
五つ出雲(いずも)の大社(おおやしろ)
六つ村々鎮守様(ちんじゅさま)
七つ成田の不動様
八つ八幡の八幡宮(はちまんぐう)
九つ高野(こうや)の弘法(こうぼう)さん
十は所の産土神(うぶすなしん)

十一神願かけたのに
浪子の病は治らない
轟轟轟鳴る汽車は
浪子と武夫の別れ道
ハンカチ振り振りねえ貴方
早く帰ってちょうだいな
二度と逢えない汽車の窓
鳴いて血を吐く不如帰(ほとどぎす)

一列談判破裂して
日露の戦もはじまった
さっさと逃げるは呂志亜兵
死んでも尽くすは日本兵
五万の兵を引き連れて
六人残して皆死んだ
※七日逢魔のその夜に
八っぱり出たか火の御霊
九つ真言九字切れど
遠の遥かその御霊

十一やっぱり嶋姫か
十二、十三その次と
童子の数をかぞえれば
十四、十五の童子なる
十五の童子引き連れて
最後はやっぱり辨財天
にっこり笑って収めるか
おんそらそばていえいそわか
唱える真言誰が聞く
聞くは佐倉惣五郎
落とす泪は血の泪
辛い想いの惣五郎
見たか聞いたか惣五郎
おんそらそばていえいそわか
おんそらそばていえいそわか

おんそらあ~
そばてい~
えい~
そわかあ~

というのがオリジナルらしい。

※…七番の箇所は「七つ名号阿弥陀仏」と歌う子もいた。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる