FC2ブログ
2017-12-07

◆猫の歌

変わった家だからか、紅葉屋のお客様の中には、当店のことを「個人宅では名古屋最大のパワースポット」と呼ぶ方もいます(笑)

確かに住んでる私から見ても、よくよく考えると大変面白い家でもあります。

また父が特殊な才能を幼少の頃からもっていることもあり、家で祀る稲荷神の声を聴くことが出来るようです。よくお喋りしています。

そんな時、父はよくペンをとりメモを書いていますが、稲荷神、というより神々とのやり取りは5・7・5・7・7の歌を用いています。


で、今回のお話ですが、我が家のお稲荷さんが家で飼っている老猫のムーちゃんを見て歌を詠みました。

この時、ムーちゃんは店におりました。



あらさむの
ねこのるすばん 
おもしろや
(稲荷)



と詠み、それを聞いたムーちゃんはこう思ったそうです。(猫は稲荷が見えるらしい)


おもしろの
おもくろもない
たいくつの
ねこのいっせう(一生)
ながくみじかく
(猫のムー)



補足すれば、猫の気持ちを読んだ稲荷神が歌として代弁したということでしょう。


「あらさむ」という言葉は室町時代くらいの表現で、寒いなぁということです。


猫が店番している。面白いなという言葉に対し、面白くも黒くもない退屈ですと答えたということ?です。


不思議な父を親にもったおかげで、日々色々あって楽しいですね。


現代版の日本霊異記のような感じです。


そりゃ、猫や犬も毎日考えてるし、思うこともあるだろうな・・・。


神仏の話を聞くと頭から否定する、あるいは無関心という方も多いですが、日々これだけいろいろあると、家族のように身近に感じるのが普通になってますね。ある意味疑いなく信じれるというのは有難いことです。


お猫
猫のムーちゃん




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる