FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-28

◆神社のお参りの仕方 その9  ~内の神~


⑤普段から自分や周りの人、ご先祖を大切にしていたり、言葉に気をつけたりしている人



前回でもし自分が神社の神様だとしたら、願掛けをした場合、どんな人に助力したいと思うか?をざっと思うままに書き連ねた訳だが、その中で上記の⑤を補足したいと思う。


周りの人やご先祖を大切にというのは、改めて言う必要もない当たり前のことと言えるが、あえて「自分」を最初に持ってきた。


何故「自分」が最初にあるのか?そのことについて、今年の3月、実際に参加したとある茶会を例に話をしてみたい。


知り合いのKさんから、愛知県のはだか祭で有名な神社、国府宮境内にある建物、「儺追殿(なおいでん)」にて茶会があるので参加してみませんかとご案内を頂いた。


国府宮さんのHPによれば、


~儺追殿とは、はだか祭の神男が、祭りの前に身を清める為、三日三晩過ごし当日の神事の場所として代々使われてきた神聖な場所~


とあった。なかなかそんな場所へ入る機会もないなと、これも何かの御縁と参加させて頂いた。かなりの人数が参加する茶会で、1席100人位はいたと思う。


自分が座った場所は、丁度神前であった。しばらくしてお点前が始まり、奥からお客様用の茶が運ばれてきた。それを見て驚いた。天目台に載った天目碗だったのだ。



天目台と天目碗
(天目碗と天目台 画像はイメージ)


天目碗とはお茶会で一般の人が飲むということはまずない。流祖忌や神様に備える献茶などで用いる茶碗で、最も重い、格式の高い茶碗だ。故に天目碗を乗せる台もある。確認した訳ではないが、もし天皇陛下がお茶会に来られたら、陛下には天目碗で出ると思う。


その格式高い茶碗が、100人もの客全員に出されたのだ。これには驚いた。正客から最後の客まで全て同じなのである。


天目碗を出されたのも驚いたが、これを飲む所作も分からないので隣を見ながら真似していた。幸い分かっている方だったので教えて頂いたので助かった。


茶会の中で、何故天目碗が全員に出されたのかの説明は一切なかった。ということは自分で考えなさいということだ。


帰り際、Kさんと会えたので、今回の茶席に使われた道具について尋ねたが、Kさんが所属している松尾流のものではなく神社側が用意したことが分かった。つまり、全ての客に天目碗を出したのは神社側の意向であるということだ。そうなった理由があるのだ。


しばし考え結論が出た。天目碗は茶会に参加した客に出されたものであるが、その本質は客に出されたものではない。ようするに、お茶を飲んだ人の中に眠る「神の御魂」に出されたものだったのである。(と理解しました)


神道の考え方では、人それぞれ皆、神の御魂を内に秘めている。神から分かれた神の一部を持っていると考えるのだ。それを内神さまと言う。それに対して神社などに祀られる大きな神を外神さまと呼ぶ。同じような考え方で、仏教では人の内にあるそれを「仏性(ぶっしょう)」と言う。


この茶会で、私は国府宮の大神さまに、


「人それぞれ、神の御魂を分け与えられ、それが誰の内にもある。それを忘れるな、それを知れ!」



と一喝されたように感じた。人それぞれ育った環境は違うし、学んで来たものも全部違う。誰もが持っている神の一部は、人によっては自分の長年の考え方で隠れたり、曇っていたりする。そうなると自分が神の一部を既に持って生まれて来ているということには気づけない。


神様の助力を頂くには握手をせねばならないから、まずは自分の中の神の部分をしっかりと自覚し認めることが先決となる。


回りの人を大切にするというのも、これと同じで全ての人間は神の御魂の一部を持っているから、人を大切にするというのは神様を大切にするということにもなる。因みに仏教の天台宗では「一木一草皆仏」というからこれも凄い教えだ。


ご先祖も同じだ。ご先祖を敬い大切にすることは神様を大切にすることにも繋がる。また、神社の神様の中には自分の先祖神(直接の場合や、ご先祖が代々お参りしていた神様)がいる場合もある。


現実世界、こと日本という社会で生きていく場合、人との関わりなしに生きてはいけない。そうであるなら「言葉に気をつける」と言うのは大切だ。酷い言葉、傷つける言葉、恨みの言葉などは人に宿る内神さまや、自分の中の内神さまを傷つけることになる。


また言葉の力は凄いので、自分の運命を良い方にも悪い方にも変える。また神社などで荒ぶる神を挑発するような言葉を使うと、その言葉を受けて喧嘩を買ってくる神様もいる(衰運になる)ので、言葉と言うのは本当に気をつけたいものです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。