FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-04

◆神社のお参りについて その6  神と人の共存  

観光地化している大きな神社(伊勢神宮・熱田神宮など)から、地方にある古社、地元の人も殆どお参りしていないのでは?と思える寂れた神社、あるいは本当に小さな祠だが、規模の割にお参りする人が度々ある神社など、気になるところはお参りに出かけまくっていて気付いたことがある。


それは神社で感じるものの違いだ。非常に清々しい所もあれば、ここは二度と来ない方が良いという所もある。

 
中には参拝目的で出かけ、その異様な雰囲気に尻込みし、気合を入れて「さぁ!行くか!」と参道石階段の最初の一段に片足を乗っけたら、突風が吹いて山が唸りを上げ、「すいません。また来ます」と一目散に撤退した神社もあった。
 
 
何と表現したら良いか、神社によって神様の機嫌が良い・悪いがあるのである。


実際に今も現存している神社なので社名は控えるが、気になった各神社を元に神様にとって機嫌の良い・悪い理由を纏めてみる。


◎居心地が良い神社

・しっかり神域内が整備されていたり、掃除が行き届いている。
・参拝客が多い。
・神獣が御祭神の性質に合っている。
・森がしっかりと残っている。


◎居心地が悪い神社

・神域内が汚れている。整備が行き届いていない。
・参拝客が少ない。
・神獣が御祭神の性質に合っていない。
・神社側が手放したのか森が少ない。
・本殿の真後の森が一番大切だがそれがない。公園になっていたケースもあった。
・建物の配置を変えたり、本来はいらない後付けの噴水や記念碑がある。


神獣が御祭神と合っていないというのは、例えば神社には狛犬というものがあるが、御祭神が稲荷神であるにも関わらず、狛狐ではなく狛犬を祀っている神社があった。


稲荷神は犬を苦手としているので、狛犬は祀ってはならないのである。(過去ブログ参照


それと、三河のとあるこじんまりとした古社(奈良時代創建:姫神を祀る)にお参りに行った時、地元の20代前半の女の子達が、神社で待ち合わせをしている光景に出会ったことがある。
 
 
神社の入り口が広くとられている為、車を境内に乗り入れできるようになっているが、あろうことかその女の子達は自分達の車を本殿直前に停車させ、しかも排気ガスが出る方を本殿に向けていた。エンジンは掛けっぱなしで・・・。


あまりのことに呆気にとられてしまい、注意することも忘れてしまったが、撮影した写真に怒りの兆候(気味の悪いグレー色の長い影)が写っていた。その後彼女達がどうなったのかは知らないが、きちんとお詫びをしないと大変マズイ結果になるだろう。
 
 
このように、居心地の良い神域・悪い神域というのは、人の関わり方に左右されると言って良いと思う。


そう、神と人とは共存している関係なのだ。神ありきの人であり、人ありきの神なのである。


居心地が良いということは、神様の機嫌も良い、となればその神様の力も強いということになる。神様の力が強くなれば、自分のテリトリーに及ぼす力も強くなる。そうなれば氏子を疫病神から守る力も強くなるということだ。


神社周りをしていて、人のお参りする数、質が神様の力を大きくしているのでは?と気づいてから、それが確信に変わる出来事があった。日本の神社ではなく、新婚旅行で訪れたギリシャのパルテノン神殿だ。。

 
元々古代遺跡には興味があるので、大変わくわくして出かけたのを覚えている。確かに遺跡としては素晴らしいものであったが、そこには感動は無かった。神社やお寺で感じるような、何かいるという感じは全然しない。オリンポスの神々は居なくなり、もぬけの空という感じだった。箱だけで中身が無いのである。


パルテノン神殿


 
それは現在のギリシャの宗教に関係していた。あまりに何も感じなかったので、現地のガイドさんに尋ねてみた。帰って来た答えを聞いて納得した。

 
現在のギリシャの宗教はギリシャ正教(キリスト教系)が圧倒的に多く、ギリシャ神話の神々はとうの昔に信仰の対象ではなくなっていた。空になった神殿と感じたのは、誰もオリンポスの神々に祈りを捧げていないのが原因だったのだ。


神社の神々、特に小さな祠はそうなりがちだが、お参りする人がいなくなると神の力も弱くなったり、祠の撤去と共に帰ってしまうのだと思う。(場合によっては、祀ってある神様の性質にもよるが、全くお参りしない、管理が出来ないと荒ぶる神となることもある)

 
しかし、日本にはギリシャとは違い、神話の神々が今尚信仰の対象になっている。これは凄いことなのである。


続く~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。