FC2ブログ
2011-07-05

玉圓尼の厨子 その2

~続き

厨子の中に入っているのは金銅仏だ。
伝来はこのようなものだ。


奈良時代の話。行基が彫った霊木仏があった。
それから時が流れて平安の始め、この仏像が祀ってある寺が火災になった。

その時、慈覚大師円仁がこの寺の噂を聞き赴いたおり、
焼け残り炭と化した霊木仏の胎内から一体の小さな金銅仏を見つけた。

その金銅仏は釈迦如来であり、これが尋常ではない仏像と気付いた円仁は
すぐさま裂に包み、それから完全秘仏とした。

それから更に数百年の時が流れる。

江戸時代の頃、この金銅仏は後に地蔵寺6代目住職となる玉圓尼和尚の念持仏となっていた。
(円仁が秘仏としたこの仏像が、どういう経緯で玉圓尼の元に辿りついたのかは不明)
玉圓尼和尚は遊行僧で、旅をしながら人々の苦しみを類稀なる法力で解決していった。

玉圓尼は地蔵菩薩の生まれ変わりと言われ、殆どの宗派の経に通じ、
加持祈祷を得意とした。

玉圓尼が旅の道中担いでいた厨子には、中に秘仏の金銅仏が入り、
それ以外に荒神像と地蔵菩薩像が脇侍に祀られる珍しい三尊像になっていた。
この特異な三尊像と経の力により、障りや祟りで苦しむ人々を助けていたという。


続く~



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる