FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-13

常福寺 最終回

~続き

山中に設置された八十八ヶ所巡りは続く。
しかし、石仏の数は本当に多かった。簡単ではあったが一つ一つ手を合わせて行く。

常福寺12

この霊場の頂上と思われる辺りに古墳があった。

常福寺13

古墳の名前からこの山は大師山というのが分かった。
発掘は既にされているようで、石室の一部が見えていた。

常福寺14

丁度この近辺で、反対側から登って来た親子連れとすれ違った。
「この人達、反対から回っているんだと。」 と思った。

常福寺15

この古墳を過ぎてからは、まだ暫く終点まで道は続いた。
やがて、出口が近付いてきた。
もうじき下に着きそうである。

常福寺18

出口に到着。が、そこに有った石碑を見た時、妙なものがあった。

常福寺16

それはこちらが入口ですよという指先であった。
そう、反対に回っていたのは自分達だったのだ。
八十八ヶ所巡りを逆に回る事を「逆打ち」と言うそうで、これは死者を復活させる為の儀式である。
まぁ、やってしまったものはしょうがない。

この山登り、すぐ済むだろうと思って出発したら結構時間が掛かった。
時計を見れば、きっかり50分だった。

ここで、ふと疑問に思う事があった。
何故、父は初めて来たこの寺の八十八ヶ所巡りが50分掛かると知っていたのだろうか?

まあこんな事は良くあることなので気にはしなかった。

この後、法要に参加し帰宅した。
素晴らしい五大明王なので興味のある方は、ぜひ一度お参りに行ってみて下さい。

おしまい。


※後日談
後で分かったが本年平成24年は、八十八ヶ所巡りを行う場合、逆回りをしてもよいそうです。
どうも「うるう年」に関係ありそうです。


スポンサーサイト
2012-04-08

常福寺 その2

~続き

この日、到着し、参拝が終わってから時計を見たら、13時を少し回ったところだった。
午後の法要は14時からだったので約1時間あとである。

出かける前、事前に調べたら常福寺さんの裏山に何やら謂れがある岩があった。
また山を良く見ればあちこちに石仏らしきものがある。
四国八十八カ所が造られているようだったので、これをお参りすることにした。

山に入る少し前、父が「一周すると五十分かかるけど、何とか法要に間に合うぞ。」
と言っていた。この時は「へぇー、そうなんだ。」位にしか思っていなかった。

常福寺6
山に入る。足場は歩きやすくなっていた。

最初にあったのが謎の岩である。
常福寺8

岩の横には来歴が掘られた石板があった。
常福寺7

お坊さんに出された食事が岩になったという不思議な伝説だ。
このごはんが岩になるという話は奈良の長谷寺にもあるらしい。

誠に奇妙な昔話だ。何か隠された秘密があるかもしれない。
北東に祭られたというのも意味深である。

常福寺9

歩を進めると最初にあったのはお不動さんだった。
山の中にある石仏。これはこれで観ていて楽しい。
自然の中から現れた感じがする。

常福寺10

山中の八十八カ所巡りは高低差のある、上がったり下がったりのコースだった。

常福寺11

次は十一面観音だろうか。
優しいお顔だった。思わず手を合わせる。

あまりのんびり出来ないので、先に進む。

続く~

プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。