FC2ブログ
2011-07-17

玉圓尼の厨子 最終回

~続き

今回は玉圓尼の厨子に纏わる昔話を紹介してきた。
最後に厨子の中身の写真を撮ったので少し載せる。

玉圓厨子⑥

向かって左が地蔵菩薩。右が三宝荒神(荒神様)。
真ん中に秘仏の金銅仏が鎮座する。

荒神様は文字通り荒ぶる神であり、元は恐らく祀られぬ祟り神であった。
仏教に出会った事で仏とその教えを守る守護神となった。
守護神とはいえ、元の姿を考えるに厳しい神様と云える。

玉圓尼は加持祈祷を得意とした。その中でも祟り神の障りを納めることもあった。
相手が祟り神ならば、こちらも強い神の力が必要になるのだろう。

玉圓厨子④

復元した秘仏が入っていた厨子。
およそ仏像の入る厨子に縄が縛ってあるのは見た事が無い。

玉圓厨子⑤

厨子を修理する際取り出した秘仏。布に包まれている。
中身はここまでしか見る事はしなかった。

この度、まるはちの日に公開となった、玉圓尼の笈厨子。
強力な御利益のある秘仏の御徳を餅投げでお分けします。

ご興味のある方は、人から人へお伝え頂き、一人でも多くの方が
御参加出来ればと思います。


おしまい。


■まるはちのイベント情報
8月8日(月) 18時より餅投げ開始します。

場所 愛知県名古屋市西区押切町 押切北交差点から東へ約30メートル
   「ひふみどんぐり広場」
スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる