FC2ブログ
2007-11-24

一番はじめは… 中編

「一番はじめは…」については、前後編の二回で終わるつもりでしたが、三回で終わることにします。前回に続いて11番からの歌詞を紹介したい。
※歌詞の種類には細かい違いがある。詳しくはこちら

これほど信心したなれど
ナミちゃんの病は治らせぬ

ゴーゴーゴーと鳴る汽車は
タケオとナミコの生き別れ
二度会われぬ汽車の窓
泣いて血を吐くほととぎす

タケオがボートに移るとき
ナミコは白いハンカチを
振り振りながら、ねえあなた
はやく帰ってちょうだいな

一列談判破裂して、
日露戦争始まった
さっさと逃げるはロシアの兵
死んでも尽くすは日本の兵
5万の兵を引き連れて
6人残して皆殺し
7月8日の戦いに
ハルピンまでも攻め寄せて
クロポトキンの首落とし
東郷大将万々歳
大山大将万々歳
中条大将万々歳


10番以降はこんな歌詞となっていた。何か悲惨な歌詞だ。童歌には本当に驚く事が多い。これを歌った小さな子供は意味も分からず歌っていたのだろう。さて、これを考えてみたい。後半は日露戦争を歌ってる。ほととぎすは漢字で書くと「不如帰」となる。帰ってこないようなイメージだ。反戦を歌ったものかと思ったが、何かそれだけではないと思った。ナミちゃんんと日露戦争は関係がないのでは…。佐倉惣五郎を含んだ10番まではやはり古いもので、後半は後年作られたのでは…。考えれば考えるほど謎だらけだった。
ただ一つ思えるのはナミちゃんは佐倉惣五郎の祟りで死んだのでは?、 また日露戦争で生存者6人という記録はないので、これは惣五郎の祟りである村の村人が六人しか生き残らなかったのでは?という事だ。
人に伝わりながら、付け加えられながらして最初の姿が隠れてしまっていると感じた。
スポンサーサイト



プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる