FC2ブログ
2018-09-26

◆南宮大社

先月の話ですが、岐阜県にある南宮大社へ参拝に出かけた。

名前は聞いたことがあったが一度も行ったことがなく、夏の休みに何となく思い立ちお参りに。

南宮大社③

道中、神社の手前で巨大な鳥居が現れたので驚く。こんな大きな神社だったとは。

南宮大社⑥


南宮大社②

鳥居を潜ってしばらく行くと大きな建物が見えた。
立派な楼門だ。


南宮大社⑤

正面の石橋は柵が施してある。本殿の正面を真正面からとらえているので、これは神様が通る石橋。人が通ってはいけない。

神社でこういう石橋はよく見かけるが、お寺でもたまにあることがある。弁才天を祀る寺で見たか。


現在の建物は寛永19年(1642年)、春日の局の願いにより 三代将軍徳川家光公が再建したもの。1600年におきた関ケ原の戦いで全焼したらしい。どうもこの辺りに陣地を構えていた大名がいたようだ。

南宮大社①
御祭神は「金山彦大神」。鉄の神様だ。知り合いに金属関係の会社の社長さんがいるが、そこの会社の敷地内に立派な御社があった。どんな神さまかと聞いたらこちらの神社だった。思えばその時に初めて知ったのが南宮大社だった。


当店のお客様にも金属関係の会社をしている方がいらっしゃるが、やはりそこの会社の事務所の神棚にも、こちらの神様のお札があるらしい。全国的に見ても、製鉄関係のお仕事をしている人達の信仰が多いようだ。寺社参りをしていると神様や仏さまにも得意分野があると分かる。やたらめったら御利益目的で回るよりも、自分の職種にあった神仏を信仰すると言うのもアリだろう。


南宮大社⑦

こちらが拝殿。どの建物も立派だ。主だったどの建物も重要文化財に指定されている。素晴らしい。


南宮大社⑧


こちらが本殿。一部修理中だったようで、全容は分からなかった。誰かが常駐し、建物や境内が手入れ掃除され、また参拝客も多い神社は気持ちが良い。神様の力も強いし機嫌も良いからだと思う。社伝にはこうあった



~御祭神金山彦命は、神話に古く、伊勢神宮の天照大神(あまてらすおおかみ)の兄神に当らせられる大神様であります。

 社伝によれば、神武天皇東征の砌、金鵄(きんし:トビ)を輔(たす)けて大いに霊験を顕わされた故を以って、当郡府中に祀られたらせられ、 後に人皇十代崇神天皇の御代に、美濃仲山麓の現在地に奉還され、古くは仲山金山彦神社として申し上げたが、国府から南方に位する 故に南宮大社と云われる様になったと伝えます~


とある。十代崇神天皇の頃と言うのは諸説あるが3~4世紀頃らしい。続けて社伝に戻ると・・・


~御神位は古く既に貞観15年(873)に正二位に叙せられ、延喜式の神名帳には美濃国39座の内、当社のみ名神大社として 名神祭にも預る大社に列せられています。  

天慶3年(940)、平将門の乱の誅伏の勅願や、康平年中(1058~65)安部貞任(さだとう)追討の神験によって、 正一位勲一等の神位勲等を極められ、以来、鎌倉、室町、戦国の世を通じて、源氏、北条氏、土岐氏等の有力な武将の崇敬をうけ、 美濃国一宮として、亦、金の神の総本宮として、朝野の崇敬極めて厚い名大社であります ~




平将門公を誅伏したという話はここ以外でも聞いたことがある。確か奈良県の秋篠寺の太元帥明王(たいげんすいみょうおう)にもそんな逸話があったと記憶している。太元帥明王は明王の総帥とも呼ばれ、御利益と言うか得意分野は相手を調伏すること。昔、一度秋篠寺へお参りに行ったが、太元帥明王のそのお姿の凄さには恐れ入った覚えがある。
 
 
金山彦大神も、平将門公を倒すために祈りを捧げられたということは、相当に強い、厳しい神様なのだろう。実際、武将たちの信心も厚かったようだ。

南宮大社④

参拝を終え、楼門の裏側を一枚写真を頂いてから神社を後にした。この後、神社から少し行った所のお寺へ行った。元々、明治以前の南宮大社は、仏と神を一緒に祀っていた場所だった。境内に神宮寺があったのだ。次回は旧神宮寺のお話です。




スポンサーサイト
2018-08-24

◆天河神社  御開帳

奈良県にある天河神社。修験道とも所縁の深い神社で、1300年の昔から弁財天を祀っている。もう終わってしまったが2018年8月某日、ご本尊の弁財天像が30年ぶりに御開帳という事でお参りに出かけた。

IMG_4977.jpg

天気は快晴、確かに暑いが名古屋よりは涼しかった。

IMG_4978.jpg


IMG_4974.jpg


この神社に参拝に来たのは、4回目か。前回訪れたのは平成20年。この時も御開帳だった。


弁財天は仏教(主に真言宗や天台宗)に登場する水の性質を持つ天部であるが、神社で祀られることもある。昔は神と仏は今ほど区別なく祀られていた。神仏習合という考え方で一緒になっていた。
 
 
今日の神社には仏教の仏が殆どいなくなってしまったが、弁財天は神社に残っているケースが比較的多いと思う。


IMG_4971.jpg


手と口を清めて本殿へ向かう。拝観料は3000円ほどだったか。通常の他所の御開帳と比べると高いような気がするが、これはお土産で弁財天の「比礼(ひれ)」が頂けるから。
 
 
比礼とは布のこと。神社側からの説明は無かったがおそらく御開帳に併せて御祈祷されたものと思われる。比礼とは神道に所縁のあるもので、古事記を読むと蜂比礼と蛇比礼が登場する。強力な厄除けの力がある御神器だ。
 

頂いた比礼は使い方等の解説も無かったが、今ならなんとなく分かるような気がする。

さて、上野画像左側の階段から本殿へと上がるが、階段側から見ると進行方向上に本殿はなく、上り詰めると神楽殿と本殿の間に着く。
 
本殿と神楽殿が階段に対して横向きに建てられている。これは珍しい造りで、全国でも類例はないんじゃないかと思わせる。
 
 
何度来てもこちらの弁財天社は清々しくも力強い場所だ。御開帳になっていた弁財天像を見て驚いた。10年前の御開帳で見た弁財天像とまるで違うのだ。少々混乱したが、後で神社の人に聞いたら、平成20年の御開帳は日輪大弁財天像で、この像とは違うと言う事だった。
 
 
天河弁財天社には、秘仏になっている弁財天像が二つあったと知った。前回御開帳の日輪大弁財天像は60年に一回の御開帳。今回の弁財天像は本尊格のものであった。こちらが30年毎の御開帳だったのだ。
 
 

どちらの弁財天像も、例え写真を撮っても良いと言われても、撮れない雰囲気があった。霊位と言った方が良いかもしれない。
 
 
本尊の弁財天像は所謂「宇賀弁財天像」で、三尊形式で祀られていた。中央に弁財天、向かって右側が阿弥陀如来、左側が蔵王権現だ。弁財天の周囲には小さな15童子像もあった。
 
 
蔵王権現ありきの弁財天、弁財天ありきの蔵王権現という感じで、こういう祀られ方をしているのは他にはないと思う。
 

10年前を思い返すと、日輪大弁財天像は単独で祀られており、どこか生々しいより人に近い雰囲気の尊像だった。もう感覚の話でしかないが、今回御開帳の弁才天は仏教色の濃い弁財天で、日輪大弁財天は神道寄りの弁財天だと感じた。


参拝を終え、境内にある祠をお参りしていた時、神社側が用意してくれた説明書きに目が留まった。

IMG_4968.jpg

上から4枚目の画像、階段途中の左側に5つ社があるが、それの解説文だ。この5柱の神様を見て驚いたのは、陰陽道に出てくる祟り神の中でも特に凄まじい力を持つと言われる「大将軍」を祀っていることだった。
 

五つ社の真ん中が日本を代表する天照大神、その両脇に大将軍と怨霊神として祀られた天神様、そして両角に地元の神と竜神様(弁財天は龍神の一族)を祀っていた。さらにこんな説明文も・・・。


IMG_4967.jpg

古い寺社はそこにある理由というのがある。何故その地が選ばれたのか。


天河弁財天の場合、それは4つの石があり、三つの川があり、8つの社があったからだという。この内8つの社は後から出来たのかもしれないが、8という数字、それも前述の境内に大将軍が祀られているとすると、この8とは八王子神を指す可能性も出てきた。
 
 
祟り神の王様的な存在、牛頭天王という神様が陰陽道には出てくるが、その子供達のことを八王子神と云う。もし説明文の八つの社が八王子神だとすると、八王子神に囲まれた中心に弁財天社があることになる。
 
 
帰りの道中、天河神社からさほど離れていない所に「八坂神社」があった。八坂神社の御神体は牛頭天皇(後に素戔嗚尊になる)だ。当日は時間が限られていたので調べられなかったが、天河神社の周辺の八つの神社に興味が出てきた。
 

そしてもっと良く分からないのが元々あった(?)4つの石。この内三つは境内にある。もう一つはどこにあるのか?

IMG_4970.jpg

触れないよう柵が施されていることから、御神体のような扱いだ。

IMG_4969.jpg


写真は無いが、境内には役行者像も祭られていた。役行者には二柱の鬼神が仕えていたとの伝説がある。男の鬼が前鬼、女の鬼が後鬼だ。この天河神社の氏子には前鬼の子孫が今なお残っているらしく、境内に奉納された石柱の裏にはその子孫を匂わせる名前もある。

IMG_4975.jpg

修験道との所縁が深い天河神社。それを切り離しては考えられない。

4回目の参拝にして初めて気付いた様々な疑問。
 
 
修験道の本尊で有名な蔵王権現、蔵王権現とはそもそも何なのか、天河神社周辺の八つの社は何が祀られているのか、八つの社は天河神社創建以前にあったのか、なかったのか、4つの石とは何なのか?


何分名古屋からは遠い吉野。頻繁に出かけることも出来ないですが、機会があれば天河神社の周辺をじっくり調べてみたいと思いました。





2016-05-05

◆名古屋駅裏「の神社

ビックカメラに用事があったので、名古屋駅の西口に出かけた。用事を済ませて帰り際、ふとこの界隈にある神社のことが頭を過ったので、すこしだけ寄り道をした。

稲穂社5


稲荷神を祀る小さな神社だ。今まで沢山の神社をお参りに訪れたが、お寺と違って神社の方は、強烈な印象が残った場所が多い。その印象に残った神社の一つが駅裏方面にあるこの稲穂社だ。

稲穂社4


お分かりだろうか?神社の鳥居の入り口にいきなり鉄柵である。正面から入りお参りが出来なくなっているのだ。

この鳥居を正面に見て、右側にもう一つ入り口がありそこから境内に入れるようになっている。

稲穂社6

中に入って更に驚くのがお社だ。入り口の鉄柵と同じく、神様を祀るお社も鉄柵の向こう側にあるのである。

稲穂社2


まるで牢屋だ。観光地になっているどんな大きな神社でも、地元で愛される地方の小さな神社でも、神様を鉄柵の内側に祀っている光景は見たことがない。

そして境内をよく見渡せば、こんなものもあった。

稲穂社1


有刺鉄線だ。人が入らないようにするためなのかもしれないが、異様な光景だ。

稲穂社3

社歴を見ても、これといったことは分からない。

稲穂社7

狛犬は何か知っているのだろうか?

昔は境内に勝手に住んでいたりしたホームレスでもいたから、用事が無い人は入るなとの看板があったのか?ならあの鉄柵は賽銭がとられないように設けたのか?

それにしても、稲荷を祀るお社を鉄柵の向こう側に入れてしまうという理屈は現状ではさっぱり分からない。これではあまりに神様が気の毒だ。

稲穂社8

この狛犬の後ろに、この神社の御神木と思われる太い木があったが、ちょっと写真が撮れなかった。これも見たことがない光景だったが、御神木と思われる木にも有刺鉄線が巻かれていたからだ。

稲穂社9

名駅周辺には他にも旧そうな神社がある、厳島神社と須佐之男社だ。後者は社名が変わっていて本来は牛頭天王を祀っていたのかもしれない。

結局こちらの神社が何故こんな鉄柵だらけなのかは、さっぱり分からないままだ。最初に訪れたのは7.8年前だったと記憶しているが、結局謎は分からないままだった。



2016-02-16

国府宮の鏡餅

2月20日に行われる裸祭りに奉納する鏡餅を作る行事があったので参加した。

そもそもは義理の両親の住んでいる地区が、何でも60数年振りに鏡餅を作ることになったので、滅多にない機会だから来ないかと言われたのが切っ掛けだった。

全国的にも有名な国府宮の裸祭りは、まだ行ったことがない。
その鏡餅を作るというのも大変貴重な経験だと言う事で、参加しようと思った。

正直、行く前は公民館とかを借りて、その中で大きめの鏡餅を作るのかな位にしか思っていなかったが、向った会場に近付くと、それが全く思い違いであったことが分かった。

鏡餅3

広い会場に人々がごった返していたのだ。

鏡餅1

そして、画像だと伝わり難いが、鏡餅が想像していたのと比べてかなり大きかった。

この日は鏡餅を整形するまでの流れで、ある程度乾燥したらお飾りの形にするのだろう。

後で見せて頂いた資料によると、完成予想図の鏡餅は三段構成で、通常の円い餅が大小二段、その上には菱型の餅と、「だいだい」が乗っている。

鏡餅7

この画像が「だいだい」ようするに鏡餅の一番上にのる柑橘類であるが、
当然、あの巨大な鏡餅に納まる様な柑橘類など無いと思うので、それに見立てた和菓子である。

何でも羊羹で作られているとのこと。

会場の大きなステージで整形されていた鏡餅と同時進行で、別の鉄骨巨大テント内では、
10数台の石臼で餅が搗かれていた。

鏡餅10

嫁の親戚の方からお話を聞いて驚いたが、この立派な石臼、この時用の為だけに新調したとのこと。

国府宮鏡餅3

しかも毎年の裸祭りでは、鏡餅を作る道具は、その都度作り替えると言う。

鏡餅11

当然もち米を蒸す蒸篭も全て新調する。

鏡餅6

もう凄い力の入れようだ。しかしあの立派な石臼は、一度使ってその後はどうなるのか聞いたところ、売りに出されると言う。買い手がいるのかと思ったが、直ぐに完売するそうだ。

餅搗き会場のバックヤードを見学したが、米の量も物凄い。

鏡餅5

あちこちに設けた米置場にはもち米が山積みだった。

鏡餅4

祭りと言うものが、神の接待だと言うのがハッキリと分かる現場だった。
国府宮の神さまへの最大級の御もてなしである。

この日の主役は人ではなくこの「御餅」なのだ。

使用された米の量を聞いたが、三段の餅全部で50俵。1俵が60kgなので、3000kg、3tということだ。蒸すと水分が入るので、更に量が増えるだろう。

鏡餅の一番大きい部分、下餅に至っては直径が235センチである。

鏡餅8

また、他にも奉納する鏡餅が沢山作られていた。

義理の父によれば、完成した鏡餅は18日にトラックに積んで町内パレードを行い、
19日に町内の人達と神社に奉納するそうだ。

奉納する時はバスを借りて、皆で行かれるとのこと。

マイクロバス一台位の話かと思ったら、よく聞けば大型の観光バス10台位で行くらしい。

今迄は国府宮の裸祭りというのは、テレビのニュースで見ただけの知識しかなかったが、
実は途轍もない大きなお祭りだったと知った。

裸祭り自体にも興味が出て来たので、一度調べてみたい。

鏡餅9

※役目を終え、引き上げられる石臼。お疲れさまでした。



2015-08-04

◆濱名惣神明宮

静岡県のお寺巡りに出かけた際、たまたま見つけた神社が凄そうだったのでお参りに寄ってみた。

濱名神社①

社名は「濱名惣社神明宮」という。

濱名神社⑨

社歴によれば、その昔、この地方を統治していた濱名縣主(はまなのあがたぬし)なる豪族が先祖神を祀る為に建てたのが始まりのようだ。

「縣(あがた)」というのは古語辞典(旺文社)によれば、

地方豪族の所有地。大化の改新以前に開墾によって所有地となったもので、「吾(あ・私のこと)が田」の意

とあった。この神社の近くに浜名湖があるが、この浜名湖という湖名のルーツを辿ると、案外この濱名縣主に辿り着くかも知れない。この地域を治めていた偉大な豪族だったのだろう。

具体的に何年に創建とは分かっていないようだが、940年に御祀神が天照大神に替わっているという記録を見るに、相当古い神社であることが伺える。この地域を代表する古社であろう。

濱名神社②

参道入り口からの景色であるが、なかなかに凄い神社だというのが伝わって来る。

濱名神社③

夏祭りがあるのか、何か準備をしているようだった。しばらく歩くと鳥居に見立てた立派な楠の御神木が見えた。

濱名神社⑪

御神木の前に看板があったので、立ち止まって読んで見たらおもしろいことが書いてあった。どうもこの御神木、近年になってから御神木に決まったらしい。神社庁ではこういう仕事もしているようだ。

「神社庁御神木審議会」なるものがあること、御神木とは昔から決まっているものばかりではないこと、どちらも初めて知った。

濱名神社④

しかし、なんとも清々しい神社である。

画像の社はコンクリート製の拝殿であるが、神様がいらっしゃる本殿の祀られ方は珍しい形態だった。

濱名神社⑤

山の斜面?を利用した階段の先に祀られていた。なんともいえない神々しい雰囲気がある。

また、この本殿も珍しいものであった。

濱名神社⑩

国の重要文化財に指定されている建物だった。

しかし、この神社で最も印象にのこったことは「本来の御祭神が替わってしまった」ことであろう。
元々の濱名縣主の先祖神、太田命が本殿から追い出されてしまったのである。

現在、その太田命はどこにいってしまったのかと言うと、拝殿向って右側の小さな社に祀られていた。

濱名神社⑥

後で気付いたが、この写真、社の屋根の辺りにボワツとしたオレンジ色のもやのような光が出ていた。
一種の霊的な写真かもしれない。

さて、この太田命(おおたのみこと)について調べてみた。

太田命は別の漢字では、意富多多泥古命/太田田根子命(おおたたねこのみこと)とも言う。

第10代崇神天皇(前148~前30年)の御代、疫病が大流行し多くの人達が亡くなった。

天皇は大いに愁いていたが、ある日、夢枕に大物主神(おおものぬしのかみ:三輪大社の御祭神)が現れ、

「我が児、太田田根子をして私を祀らせれば天下は平らぎなん」

と御神託があった。

そこで天皇は太田田根子を探しだし、大物主神を斎祀ったところ疫病は治まり天下泰平になったと云う。


太田田根子、即ち太田命は大物主の神の子孫であり、初代三輪大社の神主であるということだ。

そして濱名惣社神明宮を創建した濱名縣主は太田命の子孫でもある。

濱名神社⑦

調べてみたら記紀神話にも登場する有名な神様であった。

しかし、平安時代に御祀神が入れ替わっているのに、よくぞ今日まで忘れられず小さな社の状態で残ったものだ。
これはとても珍しいことだと思う。

神社巡りをしていると、特に地方にある神明社、天照大神を祀る神社に行くとどこか違和感があることが多い。
全部とは言わないが、どうも明治時代に御祭神が替えられた形跡があるような感じがする。

もともと地方の神社にしかない、記紀神話には登場しない氏神が大分替えられてしまったのでは?と思えるのだ。

例えば、明治以前の東京では最も多かった神社は明神社と呼ばれるものだったと聞いたことがある。
この明神社で祀られていたのは、あの関東の英雄「平将門」であった。

しかし、江戸城が皇居になる際に、東京各地の明神社は、平将門は悉く別の神様に替わってしまったのだ。
平将門と言えば、王権側から見れば逆族である。庶民のヒーローも目線を変えればヒールになってしまうからだ。

こちらの濱名惣社神明宮の場合は、元々の氏神も記紀神話に登場する神様だったので残ることが出来たのかもしれない。
今回の参拝を経て、神社の神様も人間の都合によって振り回されて大変だよなぁと改めて思いました。

これをお読みの皆様も、ご自宅の近くにある氏神様に行って見て下さい。
境内をくまなく探せば、本来の氏神様がどこかにいらっしゃる・・・のかもしれません。


おしまい


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆
紅葉屋呉服店

店主 加藤大幾(ひろちか)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆◆







プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる