FC2ブログ
2019-08-08

◆伏見稲荷の神寶神社 後編    十種神宝 2

IMG_6014.jpg

神社で写真を撮る場合、基本はきちんと参拝を済ませてから、お写真頂きますと言ってからのが望ましいと思う。


礼を忘れて撮ってたら、えらいめにあったことも過去にはあった。


日本各地に祀られる稲荷の分社は数知れない。有名な稲荷社だと伏見稲荷、愛知県の豊川稲荷、岐阜県のおちよぼ稲荷、そして岡山県の最上稲荷などが有名だが、皆さんの近所に祀られる稲荷の分社は、圧倒的に伏見稲荷が多いと思う。(要確認)


そんな稲荷神の総本山ともいえる伏見稲荷なので、やはり写真を撮る時は先にお参りするのが礼儀だろう。


本殿には天照大神、伏見稲荷、そして十種神宝が御祀神として祀られている。


他になにかあるのかと探すと、本殿の左側に龍神様を祀る神社があった。
IMG_6012.jpg

稲荷神と龍神さまは関係が深いという。いずれまた調べてみたいが、十種神宝を祀る神社に龍神があるというのは「なるほど」だった。何故かは、またどこかで触れるかもしれない。

他にも何か塚のようなものがあったが、これは撮らない方がよいと思ったので撮らなかった。

参拝を終え、社務所の方を見たら驚くべきものがあった。

IMG_6016.jpg

撮影禁止!と厳しめに書いてあったのでカメラを向けるのをためらったが、これは大きな発見だったので遠目で撮影してしまった。ごめんなさい。ただ、モザイクはかけておいたのでご勘弁。


この額の絵は宝船の版画であった。通称なかきよの宝船だ。何のことかと思われる方が多いと思うが、私にとっては驚きであった。このことについても、いつか触れるかもしれない。

IMG_6027.jpg

何かに使えるかと思い、一枚分けて頂いたのがこちらの画像。社務所に神職の方がみえたので、だれかの作品ですかと尋ねたら「富岡鉄斎」とのことであった。なんでもこの神社に鉄斎が彫った宝船の版木があり、それから摺ったとのこと。


私は趣味で煎茶のお稽古を嗜んでいるが、煎茶の御茶会などで、鉄斎の道具を何度か見たことがあるが、実際の所鉄斎と言う人物は明治期の文人という程度の知識しかなかった。神職の方から聞いた話で驚いたのは、鉄斎は神主であったということだ。


色々な神社を転々としていたが、最初に神主をしていた神社が石上神宮であった。


石上神宮とは奈良県にある神社で、古い記録によれば十種神宝が伝わっている日本最古級の神社である。


十種神宝と宝船と石上神宮の神主をしていた鉄斎、そして鉄斎が彫ったなかきよの版画・・・。偶然にしろ重なってるなと思った。


一体何のことやらですが、大きな発見だった。


伏見稲荷も知っているようで、まだまだ知らないことが多い神社だと再認識しました。伏見稲荷は千本鳥居だけではありません。ご興味のある方はこちらにも足を運んでみるのはどうでしょうか?






続きを読む

スポンサーサイト
2019-08-05

◆伏見稲荷の神寶神社 前編  十種神宝 1

京都の伏見稲荷へお参りに出かけた。

IMG_6007.jpg

15年くらい前に一度お参りに来たが、今回は2度目の参拝。前回よりも外国人観光客が多いような。何でも京都の中で一番観光客が多いと云われているらしい。

IMG_6023.jpg

10時30分に到着したが、既に観光客でいっぱいだった。

IMG_6022.jpg

本殿で参拝を済ませてから、今回の目的である十種神宝(とくさのかむたから)を祀る神社を探すことにした。


その神社を知ったのは蔵書の中から伏見稲荷の広い境内の中に「十種神宝を祀る神社がある」という記述を見つけたから。


社務所にいた巫女さんにその場所を聞いたら、境内の案内図にその場所を記してくれた。千本鳥居の中を進むそう。


千本鳥居はインスタ映えするそうで、観光客は足を止めて撮影していたが、目的は違っていたので、千本鳥居の写真は撮らなかった。前回来た時、その鳥居の多さに圧倒されたが、それよりもしんどかったのは、その沢山続く鳥居の下を歩いていると頭がグラグラしてくることだった。鳥居が増えることでこういったことが起こるのかと思った。


以来、千本鳥居は潜るのはやだなという思いもあったので、15年経つ今回まで、伏見稲荷に足を向けることもなかった。


しかしその15年の間に、家の近所に祀られる白旗稲荷とのご縁、その白旗稲荷の塚が伏見稲荷の山の中にあること、そして十種神宝を神として祀る神社が伏見稲荷にあることを知ったので再訪という流れになった。


案の定、千本鳥居の中を潜って行くと、だんだんと頭がくらくらとしてきたが、脳裏に弁才天の御姿や、稲荷神の御姿、額に鳥居を思い浮かべながら弁才天や稲荷神の真言を小さく唱えながら歩いていたら、不思議と頭の重さが無くなっていった。


「根上松」という観光スポットが千本鳥居の途中にあるが、(これも写真がないので撮っとけばよかったと反省)その根上松の向かい側、進行ルート上で言えば根上松が左手にあり、右手側に山へと続く坂道がある。


その坂道を150メートルほど登ったところにあるのが、今回の目的地、「伏見神寶神社」だ。


IMG_6018.jpg

山を歩いている観光客がたまに通るが、下の千本鳥居や本殿周りと比べると、ホントに同じ神社かと思えるほど人はおらず、ひっそりとしている。


IMG_6019.jpg


境内にあった解説文によればこうある。

IMG_6010.jpg


天照大神、稲荷大神、そして十種神宝を祀る神社であることが分かる。

社名の稲荷神寶社の由来は十種神宝であるので、やはり主は十種神宝なのだろう。

応仁の乱により、燃えてしまい再建されたのは昭和32年とある。随分長い間無かった神社だ。


~祝詞に「布留部由良由良 玉響かして 死れる人も反りて生きなん」とあり、神山に抱かれ、五体に宿る魂魄を振り起す処に神徳を見いだす鎮魂の神社である~


ともある。十種神宝は神道最大の謎と云われ、古の言い伝えでは死者をも蘇らせる力があると云う。


そもそも十種神宝とは何なのか?こちらの神社を紹介しながら少し考えたいと思います。


続く~


2019-06-01

◆若宮屏風

2019年、令和元年に新たに数量限定で販売することになりました商品(?)について紹介します。


それは「若宮屏風」と呼ばれるものです。


若宮とは子供の神様のことです。若宮と名の関する神社もございますが、この若宮という言葉が東北の方へ行くと座敷童と呼び方が変わります。


開運風呂敷 宝尽くし修正画像


用いるのはこの布。今はもう入手困難ですが、風呂敷として販売されたものをたまたま見つけ、「これは!」ということでいくつか購入しました。
 
 
当店では風呂敷として販売するのではなく、若宮屏風として加工し販売する運びとなりました。


画像は粗いですが、実物は大変美しく力のある柄です。


118センチ×118センチの大き目のサイズです。メーカー側は知ってか知らずか分かりませんが、おそらく金沢の嫁入り暖簾の柄がモチーフになっていると思いますが、この柄の珍しいのは宝尽文に子供の画が施されていることです。


通常、宝尽文に子供の柄はありません。調べてみたら、この文様は若宮宝尽文様だと分かりました。


若宮とは子供の神様のことです。若宮社という社名の神社は割とあちこちにありますが、この若宮という名前の神様が東北地方に行くと「座敷童」という呼び名に変わります。


座敷童は家に住み込むようになると、何百年も家が繁栄すると云われます。代表的な福の神と言えます。


開運風呂敷 宝尽くし修正画像 番号付


文様の解説をここで少し・・・。


①分銅  … 秤の基準 

②宝珠  … 如意宝珠 知恵を授かる 願ったものを授かる

③丁子  … 香料、薬の原料(希少価値)

④隠傘  … 天狗の隠れ傘 身を守る

⑤生珠  … 生命力の回復

⑥花輪違 … 金運を司る

⑦弁天財布… 使っても減らない財布

⑧巻物  … 知恵を授かる

⑨死反珠 … 生珠と対の勾玉
 
⑩小槌  … 大黒天の御神器 打出の小槌
 
⑪隠蓑  … 天狗の隠れ蓑 身を守る 姿が消える

子供   … 若宮 子供の神様 お家を繁栄させる座敷童




となります。この超縁起の良いおめでた文様を屏風に表装します。


屏風は屏風でも、水屋屏風のサイズで作成します。茶道で使える大きさです。


通常の屏風が高さ173センチほど。水屋屏風が128センチほどです。


屏風の見本

この画像が水屋屏風です。通常の屏風ですと高さは鴨居の辺りまであります。


因みに画像の鳳凰の絵は藍染の筒描と呼ばれる物です。もとは布団の皮です。普通は布などを屏風に貼る時はこのように真ん中にあしらいますが、若宮屏風ではこのような貼り方をしません。


特殊な表装をするのです。


完成した写真を紹介したいところですが、どうしても実物の迫力は出なかったので断念しました。
 
 
また、断念したのにはもう一つ理由があります。


若宮屏風を「物」としてではなく、福の神の「依り代」として使う場合はルールがあるからです。こういった不特定多数の人が見れる場所では公開を控えよと聞いております。
 
 
その昔、金沢では若宮屏風と言うものがあり、それを知っている人は嫁入りする自分の娘に持たせたそうです。


嫁入りに持たせる意味、それは・・・


「私の娘は福の神を連れています。あなたの家をいつまでも繁栄させるでしょう」


と云うものです。


紅葉屋では嘗てあった若宮屏風を限定ですが復元制作販売しております。(貼る布が在庫分しかなく、現在入手困難)


お部屋のインテリアにもなる若宮屏風、広げるとお部屋がぱっと明るく景気良くなります。


物として扱う方が多いと思いますが、もう一つの本来の使い方をご希望の方には、口頭にてアドバイスさせて頂きます。


若宮屏風の紹介でした。




※紅葉屋呉服店はこちらまで
2019-05-07

◆温泉寺 後編

事前に頭に入っていた情報や、実際にお参りした際に得た情報を元に考えると、温泉寺の十一面観世音菩薩像は明らかに霊木像と言えるが、仏像自体に残っていた昔話からも、やはりこの仏像が、元々霊木であることが分かった。


しかもあの奈良県の長谷寺観音と同じ材だと云う。


奈良県の長谷寺に残る縁起は興味深い。


簡単に紹介すると、神亀4年(727年)、聖武天皇の勅命により、徳道上人が丘の上に祀ったという長谷寺の十一面観音像。


元々、この巨大な観音像を造る元になった大木は、近江の国高島より流出し、各地で祟りを起こしていた霊木だった。


現在、日本最大の木彫仏と言われるこの十一面観音像だ。

 
奈良県長谷寺の十一面観音
(画像は長谷寺のHPより)


私も3度ほどお参りに出かけたことがあるが、まさに巨木のような観音様だった。大木を見ると、その大きさにも驚くが人間などちっぽけな存在だと思わせる大きなエネルギーを感じることがある。木の中に神を見た理由も分かる。


奈良の長谷寺は今まで何度も火災があったようで、現在の観音像は室町時代に造像されたものだが、元々この霊木は相当大きかったらしく、長谷寺の観音像以外に別の十一面観音も造像したと云われている。

 
奈良県の長谷寺の観音像と同じ霊木で彫られたという逸話が残る仏像は、各地に残っている。鎌倉にある長谷寺や三重県多気町にある近長谷寺が有名だ。
jyuuitimennkanon.jpg
(近長谷寺のHPより)

これらの仏像が本当に一本の霊木から彫ったかどうかは分からないが、それだけ祟る木で彫られた仏像が、強い力と御利益をもたらすということが実際にあったので、長谷寺の霊木観音は人気が出たのは間違いないと思う。
 
 
霊木仏とは神仏習合の思想から生まれた仏像だ。


中でも長谷寺の観音像は天照大神の本地とされていたこともあり、観音の中の観音として大変な人気があった。
 
 
その同木で彫られたという伝説が残る仏像が、温泉寺の十一面観音像だった。


温泉寺の観音像について調べている際に、より詳細な縁起が出てきたので、そちらから順を追って紹介する。(城崎温泉のHPから)




①天平の昔のお話。奈良県の長谷寺の観音像と同じ霊木で、2体の観音像が造られた。鎌倉の長谷寺観音と、後に温泉寺に祀られる十一面観音像である。

 
②小さな方の観音像(温泉寺の方)は、奈良県の長谷寺近くにある長楽寺に安置するため、稽文という仏師が一刀三礼にて彫刻していた。
 
 
③ところが完成を間近に稽文は中風の病にかかり、やむなく未完成のまま長楽寺にその観音像を祀ることに。


④時を同じくして、地蔵菩薩の化身といわれる道智上人により但馬の国に霊湯(後の城崎温泉)が湧出し、その効験あらたかさを聞いて、稽文は湯治のために当地を訪れる。温泉の効験により稽文の病はたちまちに回復する。
 
 
⑤稽文は、奈良の都に帰る前に近辺のあちらこちらを見て回ると、今の城崎温泉駅の少し上流の下谷浦というところに観音像が流れつくのを見つける。村人の助けを借りて救い上げてみると、なんと不思議なことに自身が彫刻し長楽寺に安置したはずの十一面観音像だった。(以来この下谷浦を観音浦と名付ける)


⑥実は未完のままの観音像を祀った長楽寺の近隣では、疫病が流行し、この観音さまのせいではと疑い、村人が川に観音像を流していたのだ。流された観音像は、下流のところどころで発見され、その都度観音像を救い上げてお祀りするが、その度に病や祟りがおこり再び川に流されて、ついには摂津の国 難波の津より海に投じられて、波を漂い流れてこの地まで流れ着いたのだった。


⑦稽文仏師はこの不思議を道智上人にお伝えし、草堂を建立して観音像を安置して道智上人に託し、奈良へ戻る。その後、観音のお告げあって道智上人は今の温泉寺の場所に伽藍を建立し、観音像をお祀りしたのが温泉寺のはじまりとなる。
 
 
⑧この温泉湧出の不思議と効験あらたかなることと、観音像の不思議の話が天聴にまで届き、天平10年(738)聖武天皇より末代山 温泉寺の勅号を賜り、爾来温泉寺は城崎温泉守護の寺となり、十一面観音さまは温泉寺の本尊であると同時に城崎温泉守護の観音さまとして広く知られ信仰を集めることに。
 
 
⑨この観音像は2メートルを超える大きな観音さまですが、大和、鎌倉の長谷寺の観音さまを含む三体のうちでは最も小柄なお姿であり、巨木の最も先の部分より造られた観音像であります。よってこの観音により守られるこの地を城崎(きのさき=木の先)と呼ぶ地名の謂れにもなったと伝えられる




こう言った昔話の類は全て信じることは「?」だが、あとで誰かが付け足したにしろ、この部分だけは強調したいという箇所は、やはり無視出来ない。真実に近い部分はあると思う。そう思って改めて温泉寺の観音に纏わる昔話を読むと、尋常ではない霊木仏であると分かる。気になる個所を青字にしてみた。

温泉寺3

 
稽文という仏師が一刀三礼しながら彫ったにも関わらず、霊木の力により病気になること(②)や、稽文が不在の間、長楽寺で祀られた観音像だったが、その地域で疫病が流行り、疑われた観音像は川に捨てられ(⑥)、更に流れ着いた場所で祀られるも更に祟るというのは、如何にこの観音像の元の木材が、曰く付きの霊木であったかが良く分かる。(観音様が祟る訳ではない)

 
城崎温泉に辿り着くまで、各地で祀られるがことごとく祟っているようだ。ここまで強調するとお寺にとってマイナスイメージが残るのではと心配になるが、それは逆で、祟りが強い霊木ほど、それが仏様の力で供養され祀られると、比例するように御利益も強くなるのだ。
 

長谷寺観音の霊木とは計り知れない力をもった、荒ぶる神が宿っているのである。(⑨)にもあるように「城崎」の語源が「(霊木の)木の先」であるとい言うことからも、数ある霊木仏のなかでも、長谷寺の霊木は特別視されているようだ。


そしてやはり、この観音様は温泉ありきの観音様(④、⑤、⑧)であることも強調されている。現代人からすると、温泉というのは特に疑問もなく、あったかい、気持ちが良い、快適位の感覚しかないと思うが、当時としてはお湯が自然に際限なく湧き出るというのは驚くべことであったのだと思う。
 
 
生活に欠かせない水。しかもそれが暖かく、病にも効く。


古来から人々にとって火と水は特別なものであった。
 
 
日本各地に残る祭にも、火と水に関する祭(お水取りとか)はあるし、古事記を読むと、火と水の力を得たものは支配者になるという話もある。

 
そういう意味では、温泉とは火と水の象徴でもある。更に病に効くとなれば神聖視されたり、そこに霊威を感じたのだろう。「温泉」と「観音」と言うのも、ある意味神仏習合と言えるのではないだろうか。

 
温泉寺には宝物館があり、中には沢山の破損仏があった。

温泉寺5

小さいながらも数が多く、かつてはもっと大きな寺院だったのかと偲ばせる。
 
 
これらの仏像が祀られていたお堂があったのだろう。


祀られることはなく、今は宝物館で展示されている仏像群だがどれにも何か力がまだ宿っているようにも感じる。

 
その一体一体に手を合わせながら、あの大きな十一面観音像を彫った残りの木で、これらの仏像も彫られたのか。あるいは今はもう無くなってしまったが別の大きな霊木像があり、それを彫った際の残りの木で彫ったのか・・・。
 
 
そんなことを考えながらお寺を後にしました。


温泉寺の秘仏十一面観音像は2020年のは4月まで御開帳しております。温泉街も楽しいので、ご興味のある方は出かけてみるのはどうでしょうか?
 
 
これをお読みの皆様に、良きご縁がありますように。



※参考文献  仏像の本  学研
2019-05-07

◆温泉寺 中編

千手観音像への参拝を終え、お寺の方の案内で本堂へ進む。室町時代に再建された本堂は国の重要文化財に指定されている。

温泉寺境内

温泉寺の本尊、秘仏十一面観世音菩薩像は毎年の4月23・24日の二日間に御開帳となるが、この時は上半身しか拝むことが出来ない。


33年に一度の本開帳では、3年間の長きに亘り、厨子から引き出されて拝観出来るという変わった御開帳である。


本開帳の期間だけ、全身を目の当たりに出来るのだ。


薄暗い本堂の案内された場所は、観音像のすぐ隣だった。


温泉寺3
(画像は温泉寺で購入した図録より)


像高213、5センチの大きな十一面観音だ。桧の一木造のどっしりとした尊像だった。お寺の方の話によれば天平時代の作とのことであった。


お顔が大きく、腕は太くて長い。そして全身に鑿(ノミ)の跡が見える。


井上正氏の著書によれば、全身のバランスを崩したり、誇張したり、歪めたり、あるいはわざと未完成のような鑿の跡を残して完成させる像は、霊木化現の古像に見受けられる特徴だという。
 
 
誇張したアンバランスさからは尋常ではない力を、鑿跡を残すのは、木がだんだんと変化し、やがて仏の姿になって現れる様子を表現しているという。
 
 
神道的な考え方だと神は木に宿るとする。神社には、ある意味「社」よりも重要な「御神木」があるし、神を数える単位は「柱」である。


柱という字を分解すると、「木」の「主」と書く。木の主とは誰かと言えば、神のことだ。その神が宿る霊木で彫られた仏像が霊木像である。(神像もある)その木で彫ること自体が重要なので、造像に向かない木で彫る場合も多い。

 
例えば、節だらけの木や半ば朽ちていたり、洞がある木でもお構いなしで造ることもある。


古いお寺で祀られる霊木像には、造像に至る昔話が残っていることがあるが、その場合パターンがある。

 
まず、祟りまくる霊木がある。御神木とは気づかずに傷つけたり、切り倒したりしてしまい、神の怒りを買いそれが祟りとなる。疫病や災害が起きたりして人が死にまくる。祟りと言う字は分解すると「出」と「示」となる。
 
 
文字通り、神を怒らせる行為を人がやってしまった場合、この世に「出」て、その力を「示」すのだ。そうなってくるともうどうしようも無くなるが、唯一の解決策は然るべき力をもった僧侶が供養し、仏を彫り祀ることでやがて祟りは収まり、今度は御利益に変わると云うものだ。

 
全国の霊木像には、調べるとこのような昔話が残っていることは多い。


個人的には平安以前の仏像は、そのほとんどが霊木像ではと思う。そういう木で彫られた仏像には強い力があるので、あえて求められて造られたのではないのか。
 
 
温泉寺の十一面観音像を間近でお参りし、その雰囲気にすっかり飲まれてしまった。前回のブログで紹介した千手観音も凄かったが、こちらはまた凄い仏像だった。同席した家族も、その霊威と言うか神秘性というか、何かしらの力を感じていたようだった。仏像に関心の薄い人でも、この距離まで近付けば何かを感じると思う。


帰宅後、ブログを書くにあたり調べ物をしていたら、こんな情報を見つけて驚いた。前回冒頭で紹介した寺の縁起にもあったが、この十一面観音像は、奈良県の長谷寺にある巨大な十一面観音像と同じ霊木で彫られているというものだったのだ。


長くなって来たので今回はここまで。


前後編の二回で終了予定でしたが出来ず、中編となりました。次回は後編です。


 
※参考文献 「続」古仏   井上正著   法蔵館
プロフィール

紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾

Author:紅葉屋呉服店:店主 加藤大幾
名古屋市内で呉服中心で古美術も扱っているお店をやっています。

主に趣味のお寺と神社の参拝を中心としたブログです。

◆紅葉屋呉服店
momijiyagohukuten.com

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる